*

あこがれの「団地」展

公開日: まちづくり, 空家

oosanbashi
今日は用事があり、久しぶりに横浜へ。

にゃーんと!
自転車に乗る、綾瀬はるかさんを発見!
・・・と思ったら、ロケでした。
いやはや、やはり横浜は絵になる街ですね。

で、以前より気になっていた、 あこがれの「団地」展に行ってきました。

UR都市再生機構が、
団地の再生を積極的に展開していて おもしろいなあと思っています。

昭和の高度成長期に建てたれた「団地」は、
右肩上がりの日本の経済成長とともに大量に建設されました。

新しい憧れの暮らしの象徴でもあった「団地」ですが、
当時、同じような年齢のサラリーマンが大挙して入居したことで
現在は、居住者の高齢化・空家が問題となっています。

しかし、当時は、 「ダンチ族」と呼ばれたサラリーマンの新しいライフスタイル、
あこがれの団地の暮らしだったのです。

当時の「ダンチ族」の暮らしを観て思うのは、

「金太郎飴のような暮らし」。

「大量生産」「同質性」と言い換えてもいいでしょう。

家の間取りは、同じようなパターン。
住人は、郊外から都内に通う20~30代の地方出身のサラリーマン。
家族構成は、夫・妻・子供二人。
団地の子供たちは同じ学校に通い、同じ教育を受け、
夏休みでも、団地であるラジオ体操に出かける。
お父さんもお母さんも共働きなら、カギっ子。

高度成長期には、「みんなと同じ」暮らしができるということが
とても価値があったのでしょう。

そんな団地なのに、
今はUR都市整備機構が「カスタマイズ賃貸」をはじめとした
個性的な住空間として再生しようと試みていることがおもしろい。

今では、
昔の団地のような ゆったりとした敷地配置や緑豊かな植栽計画
なんていうのも貴重なものとなり
また、団地の良さが見直されているのだと思います。

 

 

 

あと数十年経てば、
『あこがれの「タワーマンション」展』なんてのが開催されて、
「あの頃は、タワーマンションに価値を見出して、億単位のお金を出して
個人が住宅を所有していたのねえ~、信じられないねえ~」
なんて時代が来るかもしれない。

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

関連記事

tokyosuidoukyoku

空家・空室・空部屋

  今まで、ブログには書いてきませんでしたが、 ここ半年ほど、「空家・空室

記事を読む

yamashitapark

リノベーションまちづくり塾@豊島区 第1回

  23区で唯一の消滅可能性都市 豊島区 12月5日(金)豊島区が主催する

記事を読む

uenotousyouguu

リノベーションまちづくり塾@豊島区 第2回

  リノベーションまちづくり塾@豊島区 第1回に引き続き、第2回も参加しまし

記事を読む

Mt.Fuji

リノベーションまちづくり塾@豊島区 第3回

  ダンスパーティーをはじめた男   リノベーションスクール 第1

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Exif_JPEG_PICTURE
自由な発想

不動産投資家、不動産コンサルタント、不動産会社経営者と 新宿

Red post
郵便ポストが赤いのも私の責任

この春から、新任の大ボスのもと、 本業のブートキャンプに入隊

Exif_JPEG_PICTURE
くるみ割り人形 ボリショイシネマ2015

3月に、くるみ割り人形⁇ 1月のボリショイシネマ2015

Mt.Fuji
リノベーションまちづくり塾@豊島区 第3回

  ダンスパーティーをはじめた男  

とらや
御殿場行くなら、とらや 【memo】

  「伊東に行くなら、はとや~♬」もとい、

→もっと見る

PAGE TOP ↑